おうちごはん

コスパ最強野菜、豆苗の【豆】は食べられる!おいしい食べ方レシピ

こんばんは。リコリスです。

ご訪問ありがとうございます(*^-^*)♪

 

みなさんは豆苗を食べたことがありますか?

 

コスパ最強野菜、豆苗!

 

「豆苗」→ エンドウ豆を発芽させた緑黄色野菜

この豆苗の「豆部分」、食べたことがありますか?

多くの方は豆より上の芽の部分だけを

食べられていると思いますが、実は「豆部分」もおいしく食べられます♪

私は豆苗歴かれこれ10数年で、

実家では豆ごとゴマ和えにして食べるのが普通だったので、

多くの方が芽しか食べないことを最近知って驚きました!(‘Д’)笑

 

今日は、コスパ最強野菜豆苗

1.おすすめポイント

2.豆までおいしく食べるレシピ

をご紹介したいと思います♪

コスパ最強野菜豆苗!おすすめポイント&豆まで食べるレシピ

 

コスパ最強野菜、豆苗の【豆】は食べられる!おいしい食べ方レシピ

1.豆苗のおすすめポイント

・工場栽培のため、価格の変動がない

→豆苗の多くは植物工場で水耕栽培しているため、

年間を通して100円程度で手に入ります♪

 

・「豆」と「緑黄色野菜」の栄養いいとこどり

→豆苗は文字通り豆が発芽した野菜なので、

豆の栄養素と、緑黄色野菜の栄養素がどちらも含まれているそうです。

そのため、多くのビタミンやβカロテンに含め、タンパク質もバランス良く摂取できます♪

 

・再生栽培できる

芽を残してカットすると、水と日光で2~3回再生栽培できます。

 

いつでも100円程度で手に入る上に、栄養価も高い、

さらに再生栽培で何度も楽しめるのは嬉しいですよね♪

 

2.豆までおいしく食べるレシピ

私は再生栽培はあまりすることなく、豆苗の豆部分も食べます。

今日は、豆部分まで食べる際の方法やレシピをご紹介します。

 

<カットの方法>

豆まで食べる場合、豆苗の豆と根の間でカットします。

豆苗の豆と根の間でカット。

 

すべての豆を残す、もしくはすべての根っこを取り除くのは難しいので、

一部の豆が欠けたり、根っこが入っていても大丈夫です。

カット後、豆苗をザルの上で軽く水洗いし、外れた豆もザルで受けておきます。

 

<ゆで方>

沸騰したお湯に、塩をひとつまみ入れます。

さきほどザルに受けた豆を先に入れます。

その後、豆苗の束を縦に持ち、豆・根の部分だけお湯に入れ、20秒ほどゆでます。

約20秒たったら全体をお湯に浸し、10秒ほどゆで、冷水に浸して青止めします。

外れた豆もザル等で回収します。

ゆでた後の豆苗。豆も回収します。

 

豆は茶色い皮でおおわれていて、皮は食べられません。

ザルに入った豆は、ザルを軽くまわすようにすると皮がむけてくるので、取り除きます。

私はずぼらなので、取れる分だけ除いて、

あとは食べる時に口の中に残ったらその時取り除きます。笑

塩ゆでしているので、味付けをしていない状態でもすでに美味しいですよ♪

(私はよく、ゆでた直後の豆をつまみ食いしています。笑)

 

<味付け>

芽の部分と同じように味付けして全く問題ありません。

簡単で美味しい豆苗の味付けのオススメは、

「ごま和え」です。

ゆでた豆苗は3~4cm幅にカットします。

我が家でよくするごま和えの味付けは以下の2つ。

 

1.だし+ごま

液体だし(2倍濃縮)をひと回しかけ、全体になじませたのち、いりごまをふる。

 

2.ごま油+しょう油+ごま

ごま油、しょう油をひと回しかけ、全体になじませたのち、いりごまをふる。

豆部分もおいしい、豆苗のごま和えが完成♪

味をなじませる際、芽の部分と豆の部分がまんべんなく混ざるようにすると、

食べるときに豆と芽の両方の食感を楽しめます♪

(根の部分は繊維が少しかたいので、噛み切れない部分は残して大丈夫です)

 

3.まとめ

豆苗ってこんな野菜

●豆苗は価格が安定している

●豆苗は豆・緑黄色野菜の栄養をあわせ持つ

●豆苗は2~3回再生栽培できる

●豆苗の「豆」は塩ゆですれば美味しく食べられる

リコリス
リコリス

再生栽培も良いですが、豆苗は豆の部分もおいしく食べられます!ぜひ一度試してみてください♪

最後まで読んでくださってありがとうございました☺